自由に生きたい看護師のブログ

会社員から転職してきた看護師が思うコト

退職後に自分で未払い残業代を請求する方法とその後どうなったか

残業代が出ない。
 
これって病院ではあるあるだと思います。
 
私が前に働いていた病院でも残業代は出ませんでした。
毎日始業時間の1時間前には出勤して仕事していたし、終業後も残業していたにもかかわらず。
 
その昔私が勤めていた会社では普通に残業代がもらえていたので、ブラック企業ってなんでサービス残業してるの?残業つけたらいいじゃん、くらいに思ってました。
 でも残業代をもらわないのがフツーな環境では、そう簡単にはいかないものなんですね。
 
上司や同僚とうまくやって働きやすい人間関係を作ること。
 
働いている間は残業代で揉めてイザコザを作るよりもこっちのほうが大切だったので、文句は言わずにサービス残業してましたが、やっぱりどうしても納得いきません。
 
だって残業してるのに残業代もらえないって、おかしいです。
 
というわけで、退職後に残業代を請求してみました。
 
 
 
 

まずしたこと。労働基準監督署に問い合わせ

 
まずしたことは、自分の住んでいる地域の労働基準監督署に問い合わせです。
 
インターネットで調べると、残業代を払ってくれないなどの労使トラブルに関連する労働基準監督署の相談窓口がみつかります。そこに電話して残業代請求の方法を聞きました。
 
すると、
 
勤めていた病院にまずは自分で請求してください
 
ということでした。
 
サービス残業って普通に行われてるけど、これって違法です。とはいえ、いきなり労働基準監督署がその事業所に乗り込んでなんとかしてくれるわけではなく、まずは労働者が残業代を払ってくださいと自分で伝えることが大事。それでも残業代を払ってくれないという場合に、労働基準監督署が動くそうです。
 
 
へぇーなるほど。
 
 
っていうか、それができたらサービス残業なんて存在しないんじゃ・・・?
 
 
たしかにそれって正しい順序です。でも上司に目をつけられてパワハラとかされたら嫌だから、そういうことって働いてる間は自分で直接言えないじゃん。
 
だからサービス残業がまかり通っているんじゃん。
 
そんな超基本的で重要なポイントを見落としている労基署。労基署は忙しくて会社の労働基準法違反にまで目が行き届かないっていうけど、いったい何に忙しいのか疑問になります。
 
働いている間に残業代を当たり障りなく請求するっていうのは難しいようですね。
 
まあ今回は退職済みなので遠慮はいりません。
 
 

残業代請求の方法

 
労働基準監督署から教わった残業代請求の方法です。
難しそうに思えるけど、残業代払ってねと書面に書いて郵送する、それだけだそうです。
 
書面に書くこと
  1. 残業代払ってください
  2. 残業代の金額。(これはオプションなのでなくてもオーケー)
  3. 支払い期限
  4. 振込先
 この4つです。
 
まずは残業代を払ってほしいという内容がいる。当たり前ですね。
2の残業代の金額。わからなかったら書かなくてもいいけど、あれば親切というくらい。
自分で計算しないといけないんだけど、 残業代の計算を間違ってたらどうなるの?と疑問に思ったので、私は書かずに相手に任せました。
 
3の支払い期限は、例えば書面到着から1週間~10日以内とか、とアバウトなかんじで言われました。
特に決まり事はないようです。急いでないので相手側に少し時間のゆとりをもたせる意味で、 私は郵送した月の末日を期日にしました。
 
そして最後に払ってもらうための振込先が必要です。給料を銀行振込みでもらっていたとしても、書いておいたほうが親切です。
 
これらを書いておいたらいいということです。
さらに追加で、何も返事がない場合訴訟して申し立てる可能性もありますよ、という脅し文句をつけてもいい。
 
もしもこれで返事がこないとき、そのときは労基署から行政指導をすることになるそうです。
 
いざとなったら労基署が助けてくれるんですね。心強い。さっきは毒を吐いてしまったけど、なんだか急に労基署が頼もしく思えてきます。
 
 
私はこんなかんじで内容を作成しました。

f:id:bibitaso:20190414125138j:plain

 
そんなに堅苦しく考えなくていいようです。
残業代請求で検索すると、法律事務所のウェブサイトがでてきて証拠だとかいろいろややこしいことが書いてあります。
 
でも大事なのは、
 
残業代を払ってほしいと伝えることです。
 
あとはアバウトでよさげです。
 
 
 

郵送は内容証明郵便で

 
普通の郵便ではなくて、内容証明郵便で、できれば書留で送ります。
 
内容証明郵便っていうのは、郵便局が書類の文面内容を確認して、確かにこういう内容の郵便を送りました、と郵便局が証人になってくれるちょっと特殊な郵便です。
 
もし会社がそんな郵便受け取ってません、と白を切ろうとしても、郵便局がいや確かにこの日に送りましたよ、内容はこんなんでしたって証人になってくれて、証拠になります。 さすがにそこまで悪質な病院ではないと信じたいですが。 
 
内容証明は書式が決まっているので注意が必要です。1行に20字以内、1枚26行以内等々ややこしい書式が決まっていて、インターネットで調べて書いたけど、慣れていないので正直めんどうくさい。
 
しかしなんと、最近はe内容証明といってインターネットでできるようになったようです。
 
e内容証明
ワードで作った文書を、郵便局のウェブサイトからインターネット上にアップロードすると、完全自動化された機械で印刷・照合・封入封かんし、内容証明郵便として発送されるんですって。
 
e内容証明を利用すると、
  • めんどうな書式から解放される←これ本当に助かる!!
  • 印刷しなくていい
  • 郵便局に行かなくていい
  • 郵便局の窓口で待たなくていい
  • 自宅からいつでも送れる
  • しかもe内容証明のほうが安い
いいことだらけです。郵便局やるじゃん!やればできる!
詳しくはこちら
私のときはまだe内容証明がなかったので、ワードで自分で書式設定するのがとても手間でした。e内容証明なら 「e内容証明 文書ファイル雛形」をダウンロードして文書を作るので、自分で書式設定する手間がいらなくて楽ちんです。
 
ただし、パソコンにワードがインストールされてない人は、 e内容証明は使えないようです。残念。
 
残業代請求の時効
重要なことをひとつ。
残業代請求の時効は2年です。
 
5年働いたとしても、直近2年分しか請求できません。
内容証明郵便で請求書を送ると時効がストップします。 なので2年以上働いた場合はできる限り早く請求したほうが得です。
  
 

請求した後どうなったか

 
数日後に病院の人事から電話がありました。
でなんと、支払いはするけど病院に来て話をしようと呼び出されました。
 
えっ
 
何ナニ怖い
 
 
元職場から呼び出し…密室で脅されたりしたら怖いです。
働いているときも師長がものすごく威圧的で怖かった。そんな態度で来られたら、怖くて何も言えなくなってしまう。
 
ここらへんから弁護士に相談しようかなと思い始めました。調べたところこういうとき、弁護士が立ち合いしてくれるみたいです。もちろん有料ですが。
 
私が聞いた弁護士は、立ち合いだけなら5.000円、交渉も含めてなら、忘れてしまったけど2,3万円とか言ってました確か。法律事務所によって金額は違います。
三者が立ち会っていたら、少なくとも脅されたり無茶なことはされないです。
 
そんなことを考えつつ、弁護士に来てもらうほどではないけど、1人で行くのは危険と判断し、当日友人に一緒に来てもらうことにしました。
 
結果、人事部長と看護部長と個室で面談、心配していたような問題も特になし。支払いの明細をもらって終了しました。
 
よかった。 でもひとつ気になることが。
 

支払ってくれた残業代が自分の計算と合わない

 
実は私、退職する前から残業代を請求しようと思っていたので、密かに自分の勤怠記録を印刷して持っていたんだけど、自分で残業時間を合計して割増賃金を計算した金額と、支払ってくれた金額、誤差レベルではなく違います。
 
どういうことでしょう。納得できません。
この違いはなんなのか、どう計算したのか気になります。
 
確認してみようか、でもまた呼び出されたら怖いしな・・・。
 
 
2,3日悩んだ結果、どうせ辞めた職場だし、この際と電話して聞きました。
 
 
電話すると丁寧に説明してくれました。
でもこういうときは口頭ではなくて、書面でやりとりするのが基本。証拠を残すためにも大切です。
金額の根拠と、勤怠記録を郵送で送ってもらうことにしました(持ってるけど一応)。
 
 
その結果、終業後の時間外手当しか計算されていなくて、始業前の時間外が計算されていないことがわかりました。
 
 
やっぱり。そうじゃないかと薄々思っていました。
 
 
でもね
 
 
残業代ってのは、時間外に働いた分の手当です。後残業だけでなく前残業だって当然含まれますよ。
 
たまたまその日だけ何かの都合で始業時刻の1時間前に出勤して仕事しないといけなかったっていうんなら、別にそこまで細かく言うつもりはないです。でも、
 
始業時刻に仕事を始められるように、50分~1時間前には出勤するのが普通な状態。
これは完全にアウトです。夜勤のときなんか2時間前には出勤して情報とってたし。
 
前残業の分の時間外手当も払ってもらいたいです。
が、一度まとまった話を今更ひっくり返すのはさすがにしつこいんじゃないかと気が引けます。
 
それに一度その金額でいいですよと言ってしまったのに、やっぱり納得いかないと後からごねるのって法律的にどうなのかな、できるのかなんてことも気になります。
 
 

再び労基署と弁護士に相談してみる

で、また労働基準監督署に事情を説明して相談してみました。
最初と同じようにして追加分の請求をしてもいい。でも一度それで納得して話をまとめたならもう難しいかもしれない、とのこと。
 
次に弁護士に相談してみました。
すると、思ってることと言ったことが違うときは錯誤無効として取り消せる。なので大丈夫と。意外と柔軟なんですね。
 
 
ということで、追加分の請求は弁護士にお任せしました。
 
自分でするのはちょっと気が引けるけど、誰かがやってくれるならお願いしよう、というかんじです。その後、とくに揉めることなく事は済みました。
 
 
思うに、労基署の人たちはお役人さんなので、そんなことに関わってもお給料は増えないし、余計な仕事は増やしたくないというところなんでしょう。でも弁護士はそれで儲けができるので、残業代を獲得するまできっちりと仕事をしてくれます。
 
未払いの残業代に関わって、仕事が増えるだけの労基署と、報酬も増える弁護士。これが役所と民間の大きな違いだと実感します。だから民営はサービスがいいんですね。
  
 

大体のかかった費用

気になる弁護士費用ですが、こんなかんじでした。 
着手金 約40.000円
支払う報酬 獲得した金額の25%
その他郵便代や交通費があれば実費分をこちらが負担
※法律事務所によって違います。これは安いほうらしいです
 
今回の場合、弁護士にお願いして獲得できた残りの残業代は約40万円、弁護士に支払ったのはその25%の10万円。私がもらえたのは残りの30万円ほどでした。
 
弁護士からしたら小さな金額だと思うけど、私にとっては30万円って大きな金額です。
最初に自分で請求してもらった分を合わせると、残業代請求してもらえたのは
 
全部で約85万円。
 
残業時間は月平均で45時間くらいだったので、まあこんなもんでしょうね。私は1年しか働いていなかったので、もし2年だったらもっと大きな金額になります。
 
 

残業代請求をしてみて思うこと

 こちらが弁護士をたてると、相手の病院も弁護士を通してきました。
できるだけ揉め事は起こさず穏便に済ませたかったんですが、こうなるとなんだか、えらいことになったなぁというかんじです。
 
やはりできることなら、最初の内容証明郵便を送る時に自分で支払ってほしい残業代を計算して書いておいたほうが、後々ややこしくならずに済んでよかったのかもしれないと思います。
 
 
そして労基署が言うようにまずは、残業代払えー!って相手に言ってみることが大事ですね。残業代払ってもらえないって文句言うのはその後。
 
それにしてもこの病院、たぶん私のことをとんでもないやつだと思ってるだろうなぁ。