自由に生きたい看護師のブログ

会社員から転職してきた看護師が思うコト

未払いの残業代を請求するのに証拠は必要なのか?

残業代請求っていうと、なんだか法的なことが絡んできて弁護士じゃないとできないのかなとか、難しく思えます。
 
前に自分で残業代請求したときに、労働基準監督署に気になったことを質問してみました。
同じように疑問に思っている人もいるかもと思うので、ちょっと書いておこうと思います。
 

弁護士に頼んだほうがいいのか?

残業代請求と検索すると、法律事務所のウェブサイトがいっぱい出てきます。
なので、弁護士に依頼したほうがいいのかなと思ってしまいます。
 
ですが労基署に聞いてみると、残業代払ってねと手紙を送るだけなので、わざわざ弁護士に依頼するほどのことでもない。自分でできます。ということでした。
 
私も実際自分でやってみたけど、基本的には書類を内容証明郵便で送るだけなので簡単です。自分でできます。
 
本当に、簡単です。
 
内容証明郵便の書式にそって書類を作るのが一番手間取りました。
 
 
こんな書類作るだけなのに何十万とお金をとるって、弁護士っていい商売してるなと思います。
 
まあ訴訟になったときは別だけど、訴訟してまで残業代ほしいのかっていうと、そこまでするつもりはない人が多いんじゃないかな。
 
弁護士に相談するのは相手がなかなか残業代払ってくれない、とかで揉めてからでも遅くはないと思います。 
 
 
詳しい方法と実際に私がやってみてどうなったか、こちらで書いたのでリンク貼っておきます。よければ参考に。

www.bibitaso.com

 

 証拠はいるの?

どれだけ残業したっていう証拠はいるのか?これも気になります。残業代請求の方法を調べていると、証拠が大事だと書かれてるし。
 
 
が、これも労基署に聞いてみたところ、実は証拠は必須ではないそうです。
 
給料をいくらもらったかとか、出勤・退勤時刻がわかるものがあれば解決の可能性が高まる、くらいに思っておいたらいいということでした。
 
 
へえ~。ネットだと法律事務所のホームページがたくさん出てきて
 
証拠!証拠大事!!
 
みたいに書かれてるので絶対必要だと思ってたんだけど、意外・・・。
 
まあ弁護士が法廷で勝負するには証拠が必要ではあるんだろうけど、なんだかんだと言って労働者は労働基準法で守られているので、そのへんはなんとかなるんでしょう。
 
 
労基署曰く、とにかく大事なのは、残業代を払ってくださいと伝えること
 
その旨と、支払い期限と振込先。これを書面で働いている事業所、あるいは働いていた事業所に内容証明郵便で送ります。
それでも相手がごねて払ってもらえない場合には、労基署に申し出たら動いてくれるはずです。
 
もしすでに退職済みで出勤・退勤時刻のわかる記録がない場合でも、とにかくやってみたらなんとかなるかも。
 

残業の事実はないなんてうやむやにされたり、報復されたらどうしよう…

 
そんな心配も浮かぶけど、サービス残業が違法なことは労働基準法で明らかなので、支払いを求められたらすんなり払ってくれる会社がほとんどだと思います。
在職中の場合は嫌がらせされたり左遷されたりする可能性も考えられますが・・・。まあ、残業代請求を考えるのは退職後が多いですよね。
 
それに会社は社会的な信用が大事だと思うので、よっぽどひどい会社でない限りそんな悪質なことはしないと思います。
ちょっと消極的な見方をすると、そこで揉めて労働基準監督署の調査に入られて社員全員分の残業代を支払うより、請求してきた人の分だけ支払うほうが会社としてもマシだろうという算段もあります。
 
 
が、最低限給与明細くらいは残しておいたほうがいいとは思います。残すとは言ってもこれまでの明細全部じゃなくて一部だけでもいいです。
 
1枚くらい給与明細、残ってますよね?
 
 
 
残業規制の時間を超えないように、残業するときに先に退勤の打刻をするよう命じられる。これもよくあると思います。
 
一番いやなパターンですね。会社にある勤怠記録があてにならないのでやりにくいです。
退勤の打刻をさせられたけど本当はその後何時何分まで残業していたとか、自分でメモして記録に残しておいたら、それをもとに交渉できるかなと思います。このあたりは素人意見ですが。
 
残業代請求って相手との交渉なので、もしそれで相手がすんなり払ってくれたらそれでいいし、相手がごねてきた場合は・・・労基署または弁護士に相談かな。
こういう場合は、自分で交渉するのはちょっと難しくなってくるのかなと思います。
 
 

意外と簡単

残業代請求するなんてお金にがめついんじゃないかとか、まわりに変な人と思われるんじゃないか、とか気にしてなかなかできないと思うんだけど、案外簡単です。
 
とりあえずやってみて、もしややこしくなってきたら、その時に労基署に申し立てたり弁護士に相談したらいいや~
みたいな、それくらいの軽い気持ちでやってみたらいいんでないかと思います。
 
そういう一歩が、労働環境を良くして、世の中を変えていくんだと私は信じてます。