ジユログ

自由に生きたい看護師のブログ

新人看護師は最低3年は頑張るべき?頑張らなくていいです

看護師としてどこでもやっていけるようになりたいから、看護学校卒業後、3年は大きな病院の病棟で頑張ろうと思ってました。
 
でも、今思うとそんなのいらない。
 
だって病棟って想像してたのより百倍、しんどいんだもの。
私は1年で脱落したけど、それで何か困ることあるかって、ありません。
 
頑張らないで看護師を続けたい。そんな看護師がいてもいいと思います。
 
目指せ、ゆとり系看護師!
 
 

必ずしもみんながみんな、立派なキャリアが必要ではない

 病棟で学んだ基本的な知識、技術はたしかに役にたっているとは思います。
 
でも看護師のキャリアって、急性期のような病院で専門性を身につけてバリバリ働くことだけではありません。
 
 
教えることが好きだから看護学校の教員になるとか、
 
大学院で研究の道に進んだり
 
地域包括支援センターのようなところで高齢者の生活を支援する立場にまわる
 
あるいは規則正しい生活重視で、市役所で公務員になる
 
クリニックや検診センター、企業など夜勤なしで働く
 
楽して稼ぎたいし美容に興味があるので美容クリニックで働く
 
子供が好きだから小学校や保育所で働く
 
回復期や療養型など重症患者のいない病院で働く
 
 
いろんな働き方があります。
 
そのすべてで、高度医療を扱っているような病院での病棟経験が必須かといえば、そんなことはありません。
 
3年は働かないと、と頑張りすぎて体を壊すよりも、自分の望む働き方にあわせてキャリアを積んでいくほうが賢いです。
 
 

華々しいキャリアを持っていても、長期間離職すると復帰が大変なことに変わりはない

 
若い時には急性期でバリバリ働いていたけど、子育てで一度離職すると、復帰するときに就職が不安という話もよく聞きます。
 
長い間現場から離れると一度身につけた技術でも忘れているだろうし、医療や看護技術の常識が昔と変わっていることもあります。
 
基本の知識や看護技術は同じでも、職場によって細かい仕事のやり方は違うので、転職したらその病院でのやり方を学ばないといけません。
 
そのためにまた新人の時のように先輩看護師に指導につかれると思うと、新人のころの辛い記憶がよみがえって背筋が凍ります。
 
ほんと看護師って、就職しやすいんだけど、一度仕事から離れると看護師として仕事に復帰するのは億劫だろうなと思います。
 
 
 
ちなみに、転職するときにはどんな経験をしてきたかという内容よりも、経験年数で評価されます。
 
看護師としての経験内容なんてあまり気にされてないです。
 
 
急性期病院は仕事がきついのでなかなか看護師が集まらない。
だから奨学金で3年間新人を病院に縛りつけてるし、3年は頑張らないと!なんて言ってるのも人手不足をなんとかするための方便なんじゃないかと思います。
 
細々とでも働き続ける場所で、自分にあった経験を積んでいったら十分だと思います。
 

すごい能力がなくても働ける

 高度医療のような病院でバリバリ働いたとしても、他の病院にいくとそこまでの能力は必要とされなかったりします。

 
回復期や療養病院にいったら重症患者はいないので、高度医療のような看護は必要ないです。それに前の病院でどうしてたかよりも、その病院のやり方のほうが優先されます。
 
ものすごい知識、技術、経験があっても、前の病院ではこうしてたとか、その病院でのやり方を否定するようなことを言う人は嫌われてしまします。
 
そういうちょっと面倒な人よりも、自分の病院のやり方を素直に受け入れてくれて、基本的な知識があって看護技術をイチから教えなくてもできる。
そういう人のほうが好かれるし、重宝されます。
 
 
というわけで、無理して3年もつらい環境で頑張る必要はないです。
 
それよりも自分がどんなところで働きたいのか考えて、それに必要なキャリアを積んでいくほうがいい。
 
看護師って仕事辞めたら人生終わり、という一般的な価値観とは違う世界にいます。
就職してすぐに辞めても、またすぐに仕事がみつかります。
 
二つ目の病院も合わなくてすぐに辞めたけど、三つめでいいところをみつけて続いてるって人もいます。
看護師は転職がしやすい。このメリットを活かして、自分に合った働きやすいところで過ごすほうがいいです。