ジユログ

自由に生きたい看護師のブログ

つらい新人看護師時代を乗り越えられたのは同期のおかげだった

実習が終わって国試に受かって、やっと看護師になれた!って安心したと思いきや地獄はまだまだ続いた。
 
免許をとったからといってすぐに仕事ができるはずもなく、仕事、勉強の日々が続きます。
 
 
この時期、とにかくつらいの一言です。
 
 
先輩が怖い
 
でも痰の吸引ひとつ、ガーゼ交換ひとつ自分一人ではできなくて、助けが必要。どんなに怖い先輩でもコミュニケーションをとらざるをえない
 
 
わからないことがあったら質問してねとか言っておきながら、いざ質問したら自分で調べろと怒られ
怖くて相談できなくて自分でなんとかしようとしたら失敗して、なんで相談しないのかと怒られる
 
毎日メンバー発表が気になって、怖い人が指導につくとわかったとたん
 
 
あー明日、終わった…
 
 
と憂鬱になる。
優しい人が指導役だとものすごくうれしい
 
そんな日々。
 
 
思い出しただけでゾッとします。
 
 
そんなつらい新人看護師時代をなんとか乗り越えられたのは、同期がいたからだと思います。
 
 
乗り越えられたって言っても、1年で辞めたけど(笑)
 
 
 
 
私の病院では、3年目の先輩が相談役として新人につくシスター制というのがありました。
 
 
苦手な技術を習得したり、仕事をしていて足りない知識、勉強するべきことは何か相談して、成長を助けてくれるサポート役。
 
でもこれ、それだけではなくて困ったことや悩みがあったらまずシスターに相談するという、精神的なサポートの役割も果たそうとしているみたいでした。
 
でも!シスターも所詮はただの先輩。
本当に困ってることを本音で相談なんてできるわけがない!
 
 
シスターとその他の先輩看護師たち、副師長、師長、教育担当はみんなつながってます。
何か相談したら、すべての人に筒抜けになる。
 
それがわかってるので本音どころか綺麗事しか言えない、気を遣うだけの制度でした。
技術や知識面でのサポートはともかく、シスターの精神的サポートなんてなんの役にも立たなかった。
 
 
相談する時はこの人にしなさいって、そんなの決められてできるものではないです。そういうのって、人間関係の中で、あ、この人なら相談できそうだなって自分でみつけるものですよね。
 
 
 
 
敵だらけの中で、一番助けになったのは同期でした。
 
 
入職した時に私がまず不安だったのは、同期と仲良くやっていけるかということでした。
 
私は自分の看護学校の病院に就職するのが嫌だったので、そこを蹴って別の病院に就職しました。
(蹴った理由は実習の時にその病院の看護師達が怖くてやばすぎたから)
 
知り合いが誰もいない中、まわりは看護学校の時から一緒で仲がよくて人間関係が出来上がっている。
 
しかもその病院では社会人から看護師になった人が私の他に誰もいなくて、自分だけ年上。
 
 
完全にアウェイです。
 
 
私はもともと人とすぐに仲良くなれるタイプではないし、ノリがいいわけでもなく、人間関係は苦手なほう。
 
知ってる人がいなくても大丈夫、そんなの気にしないと自分に言い聞かせてはいたけど、内心はものすごく心細いし、不安でした。
 
 
でもいつのまにやら仲良くなれて、親切にしてくれた同期たち、本当にありがたいです。
 
 
 
うわ今日指導者〇〇やーほんまイヤ最悪
とか、先輩には絶対に言えないそういうことを言って分かり合えるのは同期だけ。
 
そういう人がいるのってほんとに助かりました。
 
会話となればすべて愚痴という人間関係は嫌だなって思います。
でもあまりにつらい状況では愚痴を言ってガス抜きしないともたない。
それはみんな一緒なので、愚痴を言い合って助けあう、慰めあうのが本当に何よりも支えになりました。
 
 
 
そして同期から学ぶことも多かった。
 
新人の頃は、例えば点滴のダブルチェックで、新人がするとダブルとカウントされなくてトリプルチェックをしないといけないなど、一人として認められてないという感じをひしひしと感じていて、自信のなさや自己否定のような気持ちがありました。
 
 
なのでできることでも自分の判断でやってはいけないのかなと躊躇してしまったり、
次から1人でやっていいと先輩に許可をもらったことしか一人でしないなど
 
どこまで自分でやっていいのか線引きがわからない、という悩みがありました。
 
そんなとき、同期が成長の助けになりました。
 
これってやっていいのかなと迷ってるとき、同期がやっている姿を見てなんだいいんだと先に進めました。
 
同期が新しいことをしているのを見て、自分もこれくらいはできないといけないんだなって学べました。
 
失敗をして落ち込んでるとき、同期も同じ失敗をしたと聞くと自分だけじゃないだって安心できました。
 
同期と話してるだけで安心できたし、相談したり情報交換したり、同期がいて助かったこと、学べることは本当にたくさんありました。
 
 
人間関係で嫌になることも多いけど、力になってくれて助けてくれるのも人、そんなことを実感した新人時代でした。
 
転職して疎遠になってしまってたった一年の付き合いだったけど、今でも本当に感謝の気持ちがあります。
 
 
他の人は新人時代、どうやって乗り越えてるんでしょう。
まあ、つらいのは新人だけではないけどね。
 
看護師の世界はとことん闇