ジユログ

自由に生きたい看護師のブログ

看護実習で一番つらかったときのこと、思い出してみた

私の通っていた看護学校にはちょっとおかしな教員がいました。
 
お気に入りの子にはものすごく優しくて、目をつけた子にはやることなすこと全てに怒る教員。
 
たぶんこれ、私の通っていた学校だけではなくて、医療業界によく生息しているタイプの人です。
 
 
その教員に目をつけられて実習で追い込まれて、うつ病になって辞めていく学生が毎年でるという、ちょっとやばい教員。
 
 
その人にね、実習で目をつけられたんですよ、私。
 
他の人と同じようなことをしても私だけきつくあたられる、怒られる。
何をしても突っ込まれるしダメ出しされるけなされる。
 
 
本当に地獄でした
 
 
それでも、怒られるのは何か自分に足りないところがあるからだろう、自分が悪いんだと自分を責めたりしてました。
 
一見理不尽に思えるような教員にも、一分の理はあるはず。そう思ってました。
 
 
でもある日、教員はただの理不尽の塊であってそれ以上ではないと思い知らされた出来事が発生。
 
その教員が、別の子の実習記録を私の物、私の記録を別の子のものと勘違いしたのです。
 
本物の私の実習記録は、教員から「そうだね、がんばろう!」みたいなコメントがつけられて無傷
 
で、別の子の記録はかわいそうに私の物と勘違いされたため、赤ペンで注意書きの書き込みだらけ、悲惨なことに。
 
 
そのノートを返してもらったときのメンバーのようすはこんなかんじ衝撃を受ける侍
 
 
え、これ、あんたのじゃないの?え?え?と困惑する教員は間抜けに見えた

驚くおじさん

 
 少なくともそれまではね、
 
ちゃんと実習とか記録内容をみて評価してくれてるんだって思ってました。
 
だから、そんなにきつく言われるのは私に足りないところがあるからなんだろうって。
 
何が足りないのか考えてたし、認めてもらえるように頑張ろうって思ってましたよ。
 
でもね、このとき、悟りました
 
 
内容ではなくて人で見てるだけ
 
 
本当に、それだけなんだなと。
この人はただ単にその学生が好きか嫌いか、それで見てるだけだって
 
人生で一番幻滅しました。
 
 
そして残念なことにこれってこの教員だけではないです。
 
看護学校のほぼすべての教員は、
患者さんのために悩んで頑張ってる学生が好きで
記録は長ければ長いほどいいと思ってるし
記録にどれだけ時間をかけて頑張ったか、努力したかを評価する
 
 
客観的な評価なんてできない
  
そんなものより努力・根性・忍耐!
 
 
いかに教員に好かれるか
いかに頑張ってる姿をアピールするか
 
大事なのはそういうこと。
 内容よりも、そういう泥臭い人間的なモノが大事な世界。
 
 
うっすらとわかってたけど、それでも、かすかな期待は持っていました。
このひどい扱いには何か合理的な意味があるんだろうってね。
 
 
でもこの出来事で、ひどい扱いにはなんの合理性も意味もない。ただの理不尽だって悟りました。
 
 
だから実習で教員や看護師に、自分には生きる価値がないんじゃないかと思わされるくらいボコボコにされても、気にしなくていい!
 
 
 
もし実習でスケープゴートにされてしまったら、それはもう運が悪かっただけ。
決してあなたが悪いのではない!
 
 
では!