ジユログ

自由に生きたい看護師のブログ

奨学金に縛られて辞められない新人看護師の悲痛な声。奨学金があっても辞められるかもよ!

新人看護師のよくある悩み。奨学金のために辞められない

 
奨学金を借りている人、多いと思います。
 
私もやはり看護学生のときは学校附属の病院から奨学金を借りてました。
 
借りた当時は助かる!という軽い気持ちでした。
 
でもこれが、後々ひどく後悔することになるんですよね。
 
 
病院からの奨学金は、卒後その病院に就職することが前提で、3年以内に退職すると残りの奨学金を一括返済する決まりがあったりします。
 
そのせいで、看護師辞めたい。でも辞めたら奨学金一括返済しないといけない。そんなお金ないから辞められない、と追い詰められる人もいます。
 
 

 奨学金の返済のために辞められない看護師たちの悲痛な声

Twitterを見ていると出るわでるわ、辞めたいけど奨学金の返済があるために辞められない看護師たちの悲痛な声。
  
Twitterより引用させてもらいます。
  

今年の2月に来た14年目の先輩看護師さん。どうやら、来月で辞めるみたい
いいな、、、私もやめたいんだよな、、、
でも、奨学金、、、

— あー@ナース2年目 (@lucymooneyng) June 16, 2019
 

泥沼の奨学金が親が返してくれているのと合わせて600万くらいあって死にたい。
看護師になれば返せると思って無理して大学出てまで看護師なんかにならなきゃよかった。奨学金なけてば今より月10万安くても今より自由に使えるお金増えるし、こんなに追い詰められなくて済んだでしょ

— 自分が死にそう看護師 (@5_usaa) June 13, 2019
 

色々な仕事を経て看護師になった身から言わせてもらうと、看護師1年目は本当に異常。
どの分野でも勉強は必要だけど、勉強したのを見せなきゃいけないのも意味わからないし、人によってこんなにやり方違うのに指導とかしてくる意味もわからない。
奨学金なんかなきゃ絶対辞めてる。
てかやめたい。

— はとむぎ (@ha_to_mu_gi_san) June 8, 2019
 
 
若いのにシビアなお金の問題に絡めとられた看護師達。
 
辛い日常から逃げられない悲痛な叫び声が胸に刺さります。
 
 

看護師の奨学金、お礼奉公の問題点

 
看護師によくある病院からの奨学金。
  • 3年働いたら返済免除
  • 退職するなら残りの奨学金を一括返済
などごく普通に行われているこれらの奨学金制度ですが、実は法律的にはギリギリだったりします。
 
 
看護師になりたての若い人は、奨学金を一括で返せる資金力なんてないのが普通です。それを「辞めるなら借りた奨学金一括返済だぞ」というのは、まるでヤクザの借金取り立ての脅し文句のよう・・・。
 
いつでも自由に辞められるようで実際のところ奨学金返済のために辞められないこの状況は、憲法22条の職業選択の自由や、労働基準法5条の強制労働の禁止に抵触する可能性があります。
 
 
また決められた年数働かないと違約金の支払いを求める病院も中にはあります。
 
これは労働契約の不履行に対して損害賠償や違約金を支払う契約をしてはいけませんよ、と定めた労働基準法16条に違反します。
 
 
 
奨学金があるから辞められないはウソ 
 
病院はどこも慢性人手不足状態。
看護師が辞めたいと申し出ると、そうはさせまいとあの手この手で師長からの引き止めにあうのが常です。若手の看護師が辞めたいと言い出した時、引き留めるために「奨学金の返済があるんだから辞められない」なんて言われることもありますがこれは真っ赤なウソです。
 
期間の定めのない正職員は、労働者が退職を申し出たらいつでも退職することができると法律で決められています。病院が、奨学金返済を理由に退職させないことはできません!!
 
 
ただ問題は、退職するにしても奨学金の返済は必要だということ。
 
 
つまり師長の言う「奨学金があるから辞められない」は、「あなた奨学金返すお金なんてないでしょ?お金ないんだから辞められないわよ」という意味です。
 
 
借金をたてに辞めさせないってほんと、ヤクザの世界か・・・!(;´Д`)
 
 
若い世代の看護師に、分割払いならともかく一括返済は厳しいです。多くの看護師を悩ませているのはここですよね。
 
 

奨学金の返済方法 

 そんな厄介な奨学金を返済する方法はこの4つ。
  1. 自分で働いて払う
  2. 親に払ってもらう
  3. 一括返済ではなく、分割返済にしてもらえないか病院と交渉してみる(自分で、または退職代行サービスで依頼することも可能です!)
  4. 転職先の病院に支払ってもらう
 
 
順番に説明していきます。
 

1.自分で働いて払う

 
最初の予定通り、数年は耐え抜いて働いて返済する方法。これが一番ノーマルです。
 
ただし、新人看護師たちが卒後にまず歩むべきと用意されている「普通の道」は、一般社会からみるとかなりハードモードです。
 
数年働くこと自体がかなり難しい。
  

2.親に払ってもらう

辞めたいけど奨学金を一括返済するだけのお金がない場合、親に代わりにひとまず払ってもらうという方法が一番無難です。
 
親なら出世払いということで融通もききます。ただし問題は、これができるのは親に資金力があるときに限るということです。
 
 

3.一括返済ではなく、分割返済にしてもらえないか病院と交渉してみる

たとえ契約で「退職するときは一括返済」と決まっていたとしても、交渉して分割返済にしてもらうことはできます。
 
一括返済は無理でも分割ならなんとかなる人もいるのではないでしょうか。
 
辞めざるを得ない事情があるとき
仕事のストレスでうつ病など心身を壊して働けない状態になった場合。
 
健康を害するほど劣悪な労働環境を放置している病院側にも非はあります。こういう場合は揉めることなく分割返済にしてもらえる場合もあるので、診断書を持ってまずは師長に相談してみましょう。
 
 
退職代行サービスで弁護士に依頼する
 
最近話題の退職代行サービスですが、これを利用する方法もあります。
奨学金があるけど今すぐ辞めたい!という人にはおすすめです。
 
 
退職代行サービスとは?
依頼者の代わりに退職の意を勤め先に伝えてくれて、手続きを代行してくれるサービスです。即日で辞めることも可能だし、1週間後など指定することもできます。揉めることなく今すぐそっと職場から消えたい場合には使えるサービスです。
 
 
奨学金問題を抱えた人が利用したいのは弁護士運営の退職代行
 
まずは無料相談で「奨学金があるが辞めたい。一括返済ではなく分割返済にできないか交渉してもらいたい」旨を伝えたら対応可能か教えてもらえます。
 
このとき注意したいのは、奨学金の交渉をしてもらいたいなら必ず弁護士が運営する退職代行サービスに依頼することです。
 
 
弁護士に依頼する理由
交渉は弁護士のみができると法律で決められています。普通の民間の代行会社は非弁行為となるため奨学金などの交渉はできないのです。
 
 
弁護士運営の代行サービスであれば、辞めたいのに奨学金で辞められないのはもともと労働問題として弁護士の仕事の範疇なので、対応ができます。
 
 というわけで、
 
 
できる限り早く今すぐにでも辞めたい
でも奨学金があるから辞められない
 
 
そういう人には弁護士運営の退職代行サービスがおすすめです。
 
 
 
通常、弁護士は相談するだけでもお金がかかります。退職代行なら
 
  • 無料で弁護士に相談することができるし
  • 奨学金、パワハラ、サービス残業などの労働問題も含めて対応してくれます
 
この点でもメリットがあると思います。
 
弁護士運営の退職代行サービスで有名どころは弁護士法人みやびです。
 
着手金は5.5000円
 
民間の相場に比べるとやや高いですが、弁護士へ何かを依頼する時の着手金としてはこれくらいが相場です。(というか安いほう)
 
 
ちなみに一緒に残業代請求などをすると、獲得した金額の20%を報酬として支払うことになります。
 
看護師であればサービス残業も普通にしていると思われます。
うちは残業代なんて出しません!と言っている病院でも、請求したらすんなり支払ってくれることが多いです。(そもそも残業代が出ないこと自体がおかしい!)
 
残業代として獲得した分から報酬として20%の金額が差し引かれるので、自分の懐はマイナスにはなりません。一緒に請求するのがおすすめです。
 
弁護士法人みやび
 
 

4.転職先の病院に支払ってもらう

 
さて最後が、転職先に肩代わりしてもらう方法です。
 
あまり知られていませんが、実は転職する時に奨学金を代わりに支払ってくれる病院もあります。
 
自分でホームページや転職サイトから病院を探し、面接で確認するのは手間がかかるので、転職エージェントに相談してみるのが手っ取り早いです。
 
 
奨学金返済の肩代わりを自分で転職先に交渉するのは至難の業ですが、転職エージェントは交渉が仕事。うまく交渉して話をつけてくれることもあります。
 
今の病院を辞められるかもしれない、という一筋の希望の光が見えるかも。
  
 
おすすめの転職エージェントはこちら
 
職業経験の少ない人でも親身になって相談してくれると評判なのはナースJJ

 
 
もうひとつおすすめなのはナース人材バンク。こちらは転職エージェントの中でも持っている求人数が一番多いです。情報量も多いので奨学金の肩代わりをしてくれる転職先が見つかる可能性も高い!

 
では!