自由に生きたい看護師のブログ

会社員から転職してきた看護師が思うコト

奨学金に縛られて辞められない新人看護師の悲痛な声。奨学金があっても辞められるかもよ!

新人看護師のよくある悩み。奨学金のために辞められない

 
奨学金を借りている人、多いと思います。
 
私は社会人から看護学校に入ったのですが、学生の間、貯金で学費と生活費を捻出するとなると負担は大きい。なので私も看護学生のとき、学校の附属の病院から奨学金を借りてました。
 
助かる!という軽い気持ちでした。
 
でもこれが、後々ひどく後悔することになるんですよね。
 
病院から奨学金を借りていると、3年以内に退職すると一括返済という決まりがあったりします。
 
そのせいで、看護師辞めたい。でも辞めたら奨学金一括返済しないといけない。そんなお金ないから辞められない、と追い詰められます。
 
私は幸い親に頼み込んで奨学金を返してもらえましたが。
 

 奨学金の返済のために辞められない看護師たちの悲痛な声

Twitterを見ていると出るわでるわ、辞めたいけど奨学金の返済があるために辞められない看護師たちの悲痛な声。
  
Twitterより引用させてもらいます。
  

今年の2月に来た14年目の先輩看護師さん。どうやら、来月で辞めるみたい
いいな、、、私もやめたいんだよな、、、
でも、奨学金、、、

— あー@ナース2年目 (@lucymooneyng) June 16, 2019
 

泥沼の奨学金が親が返してくれているのと合わせて600万くらいあって死にたい。
看護師になれば返せると思って無理して大学出てまで看護師なんかにならなきゃよかった。奨学金なけてば今より月10万安くても今より自由に使えるお金増えるし、こんなに追い詰められなくて済んだでしょ

— 自分が死にそう看護師 (@5_usaa) June 13, 2019
 

色々な仕事を経て看護師になった身から言わせてもらうと、看護師1年目は本当に異常。
どの分野でも勉強は必要だけど、勉強したのを見せなきゃいけないのも意味わからないし、人によってこんなにやり方違うのに指導とかしてくる意味もわからない。
奨学金なんかなきゃ絶対辞めてる。
てかやめたい。

— はとむぎ (@ha_to_mu_gi_san) June 8, 2019
 
 
つらい日常から逃げられない生の叫び声が胸に刺さります。
 
 
 

奨学金で苦しんでいる看護師さん!辞められる可能性があります!

 
あまり知られていませんが、実は転職する時に奨学金を代わりに支払ってくれる病院もあるのです。
 
奨学金の返済が残っているときに辞める方法としては、
 
  1. 自分で払う。または親に払ってもらう
  2. 一括返済ではなく、分割返済にしてもらえないか病院と交渉する
  3. 転職先の病院に支払ってもらう
 
 この3つです。
 
自分で払うか、親が払ってくれるのなら問題ありません。あとは辞める勇気だけです。

 

しかしそれができなくて悩んでる人もいる。

 
1、2年働いたくらいでは一括返済するほどのお金はありませんし。
 
 
分割返済にできないか相談してみる
うつ病などの診断をもらっている場合、返済方法の相談は可能だと思います。
 
病院が事情を考慮してくれる可能性は十分にあります。
 
忙しいから辞められないとか、辞めたら申し訳ないとか考える必要はなし!
 
転職先の病院に支払ってもらう
さて病気ではないけど辞めたい場合、どうしたら転職先の病院に払ってもらえるのか?
 
ひとつは、自分でホームページや転職サイトから病院を探し、面接で確認するという方法。
 
問題点は手間がかかるということです。
 
そしてそういう情報を公開していないことも多いようで、自分で見つけるのはなかなか難しいです。
 
 
おすすめは転職エージェントに転職先探しと交渉をしてもらうという方法。
 
奨学金返済の肩代わりを自分で転職先に交渉するのは至難の業ですが、転職エージェントは交渉が仕事!うまいことして肩代わりしてもらえることもあります。
 
 
利用は無料なので登録して聞いてみるだけでも損はしません。
 
今の病院を辞められるかもしれない、という一筋の希望の光が見えるかも。
 
 
 
親身になって相談してくれると評判の転職エージェントはこちら

 
では!