自由に生きたい看護師のブログ

会社員から転職してきた看護師が思うコト

個室料金を払えなくて入院を断った患者さん。希望でないなら本当は払わなくていいのに

個室料金を払えなくて入院しない患者さん

 

ちょっと前に感染症で病院にきた患者さん。

入院を希望されたのですが、他の患者に感染するといけないので隔離のため個室に入ってもらうことになりました。

 

ところが個室だと通常の医療費に加えて個室料金がかかります。

 

差額ベッド代と言われているやつです。

個室料金は健康保険の対象にならないので、自腹になります。

 

 

そのお値段1日1万円ほど。

 

入院日数 × 1万円が、普通の治療費に加えて個室料金が上乗せされます。 

なかなかいいお値段です。というか、私の感覚からするとかなり高いです。

 

2,3日ならともかく何日入院になるかわからない場合、すんなりいいですよと言うのはちょっと怖いです。

 

結局この方、お金のことがアレでやっぱいいですと入院せずに帰られました。

 

が、これってどうなのかなーと思ったのです。

 

もし入院治療が必要な人で、個室料金が払えないので入院できませんとなると、ちょっと問題じゃないでしょうか。

 

 

健康保険の個室料金という落とし穴

 

風邪をひいたくらいで病院に行くのは日本人くらいだと世界的には言われてたりするようですが、それくらい安くで病院にかかれるということです。

 

それもこれも、健康保険があるから。健康保険のおかげで私たちは普段、医療費のことをあまり気にせず病院にかかれます。

 

外来を受診しても成人なら3割負担、子供や高齢者は1割負担。

 

入院するときは上限額が決まっています。

収入により上限額は変わってきますが、どんなに高額な治療をしても請求されるのは1か月で6~8万円ほどです。

 

しかし、その落とし穴が個室料金。

 

現実に個室料金が払えないために入院できない人を目の当たりにすると、なんだかなぁと思います。

 

病院都合の場合、実は個室料金はいらない

なんだかなぁと思う理由のひとつは、本当は個室料金は払わなくていいからです。

個室料金が必要なのは、患者が自分で個室がいいですと希望した場合のみ。

 

治療上必要があったり、ベッドが空いてないなど病院都合の場合は、病院は個室料金をとることができないのです。

 

病院が個室料金を請求できない例

 

  • 感染症で個室に入る必要がある
  • 救急患者、術後患者、治療上個室管理が必要だと医療者が判断した患者
  • 緊急入院して急に入院することになったけど、大部屋が空いていなくて個室に入ることになった
  • 臨終の間際で個室に移った

 

 

病院から請求されたらほとんどの人がそのまま払ってますけどね。

 

個室を希望する人もいる 

そんな高い個室に誰が入りたがるんだ?!と一般庶民の私なんかは思いますが、中にはどこかの社長さんで個室に入ることを希望される人もいるんですよね。

 

それくらい払ってもなんてことないという人が、世の中いるのです。

 

じゃあなんで個室料金を請求されるのか?

 

診療報酬制度によって、医療サービスとその値段を国が全て決めています。

 

 

国の規制でがんじがらめにされていて、病院経営は難しいんだと思います。日本の病院の6割は赤字だって言いますし。

 

そんな病院にとって、個室は貴重な収入源なのだと思います。おそらくね。

 

払ってもらえたらラッキーというところでしょうか。

 

 

まあでも実際のところ。

普通は入院時に治療や個室料金の説明をします。

今から入院して病院にお世話になるよっていうときに、病院都合なら個室料金は払わなくていいんですよね?なんて揉めるのはイヤですよね。

 

なので患者側からすると渋々了解せざるを得ないというのもあると思います。

 

私も前に一度入院したとき、大部屋が空いてなくて個室に入ったのですが、とてもじゃないけど言えなかったです。そんなことで揉めるのはみっともないなって思っちゃうんですよ。

 

ちっぽけな見栄のために、払いましたよ個室料金。

幸い1日で個室から出られたので助かったけども。

 

請求書をもらってからこんなにかかるなんて聞いてない!と揉めることも、わりと多いようですよ。

 

医療保険でよくみる差額ベッド代が高額という文句

 

医療保険のパンフレットには、「治療費は安くても差額ベッド代に1日5000円~1万円かかります」なんて謳い文句が書かれています。

 

繰り返しますが、実は自分が希望しなければ差額ベッド代は本来払う必要はありません!

 

本来払わなくてもいいはずの差額ベッド代に備えるために、医療保険に入る必要はあるのでしょうか?

 

この手の保険を見るたびに疑問に思います。

 

 

まとめ 

まあそんなこんなで

本来は払わなくてもいいはずの差額ベッド代が普通に請求され、

医療保険で差額ベッド代は高額なので医療保険で備えましょうなんて脅される

 

世の中はそんな感じです。

 

必要以上に将来の不安を煽ったり、個室料金を払えなくて入院を断る人が出てきては問題だと思うのです。

 

それで被害を被るのは本当にお金に困っている弱者です。お金持ちは個室料金くらい普通に払えますから。

 

そうなると、なんのための健康保険なの?ってなりますよね。

個室料金くらいしか自由に料金設定できるサービスがない医療制度も、いい加減限界なのかなと思います。

 

 では!