ジユログ

自由に生きたい看護師のブログ

医療保険は必要ないと思う理由

保険に入ってないと言うとまわりの人からものすごく驚かれます。
 
まだ保険に入ってないの?早く入ったほうがいいよ
若い時に入っておいたほうが得だから
保険に入っていたら胃カメラするだけでも5000円とか、お金がもらえるんだよ。
今は大丈夫でも、将来病気したらどうするの?
働けなくなったらどうするの?
 
などなど、猛烈に加入を勧められます。
保険会社からの回し者かと思うくらい。
 
 
さて保険といってもいろいろありますが、この時みんながいう「保険」というのは医療保険のことです。
 
どんなに勧められても、私は断固として医療保険はいらないと考えています。
 
 
だって、わざわざ民間の保険に入らなくても既に国の健康保険に入ってるし。
 
わざわざ自分で民間の医療保険に入って備える必要あるんでしょうか。
私はないと思うんです。
 
 
 

医療保険はいらないと思う理由。国の健康保険があるから

 
保険を検討するときに考えるのはまず、どんなリスクに備えたいのかということ。
そして次に、それは公的保険や貯蓄で賄えないのか?ということです。
 
保険に入るのは、備えたいリスクがあって、かつそれが公的保険や貯金で賄えないときです。
 
 
まだ保険に入ってないの?という人は、医療保険に入ってないという意識を持っていますが、私たちはみんなすでに国の健康保険に入っています。
 
国の健康保険も医療保険なんだけど、そこを見落としがちです。
 
国の健康保険はかなり優秀です。すごいポイントは3つ
 
・3割負担(高齢者など人によっては1割)
・高額療養費制度
・医療費控除
 
です。
 
3割負担
 当たり前すぎて普段意識してないかもしれませんが、健康保険のおかげで病院にかかっても3割の負担だけで済むんです。
 
このおかげで医療費のことはあまり気にせず、気軽にクリニックや病院を受診することができます。
 
高額療養費制度
 そして入院したことのない人はあまり知らないと思いますが、高額療養費制度というものがあり、ひと月に支払う医療費には上限が決められています。
 
2019年現在のところ平均的な収入の人なら上限額は80,100円です。
ネットで検索したらたくさんこの制度についてでてくるので、詳しくはそちらで。
 
私は何回か入院したことがあるんですが、毎回この制度を利用して、食費やテレビ台なんかを含めても、10万円で収まるくらいだったと思います。
 
貯金がある程度あれば、これくらいの額なら払えます。
 
医療費控除
年間にかかった医療費が10万円を超えた分について、税金の控除を受けることができます。お金が少し返ってきて節税になります。
 
しかもこの医療費控除のポイントは、家族の分を合計することができることです。
 
 
例えば年収400万円で、家族の年間医療費が20万円だった場合
 
控除の対象額 20万ー10万=10万円
所得税の控除額 10万円×20%=2万円
 
というわけで、2万円が還付金として返ってきます。
 
詳しくはこちら。シミュレーションもできてわかりやすいです。
 
 
そんなわけで、医療費に民間の保険であえて備える必要はないと私は思います。
 
ある程度貯金があって収入が継続的にある状況なら、医療費はそこまで恐れるものではありません。
 
胃カメラするときに5000円もらうために毎月何千円と払い続けることがホントに得なのかって、どう考えてもお得ではないんじゃないのと思います。
 
 

働けなくなったら傷病手当金障害年金がある。そして生活保護

 
突発的な病気の出費には貯金でなんとかするとして、問題は病気で長期間働けなくなった時です。
働けなくて収入はないのに生活費、治療費に何かとお金は必要で、貯金は減っていくばかり・・・
 
傷病手当金
病気やケガで4日以上休むと、傷病手当金がもらえます。
これである程度収入はカバーできます。しかし残念ながら1年半までの期間しか傷病手当金はもらえません。
 
でも、1年半たっても働けなかったら、どうするのか?!
これは困ります。こういうときに備える保険はないのか?
 
調べるとありました。就業不能保険という種類の保険です。
 
就業不能保険
 
例として検索で一番上に出てきたライフネット生命の「働く人への保険2」という保険をみてみました。
 
 
紹介されているモデルは、月額1,896円。
ということは30歳から65歳まで加入したとして、総支払額は約80万円になります。
 
掛け捨てですが、思ったよりお高くありません。
 
これはありかもしれません。
 
ところで保険金がもらえる「就業不能状態」とは一体どんな状態なのでしょう。
 

就業不能状態とは、以下の入院または在宅療養をしている状態をいいます。

【入院】

病気やケガの治療を目的として、日本国内の病院または診療所において入院している状態。

【在宅療養】

病気やケガにより、医師の指示を受けて、日本国内の自宅等で、軽い家事および必要最小限の外出を除き、治療に専念している状態。ただし、梱包や検品などの軽労働または事務などの座業ができる場合は、在宅療養をしているとはいいません。

 
 
うーん...。
 
自宅で療養中でも軽労働ができたり座ってできる仕事ができるならもらえないって、なかなか厳しいです。
 
 
さらに「支払対象外期間」というものがあり、
就業不能状態になってからすぐ給付金がもらえるわけではなく、60日または180日たってからでないともらえないようです。
 
うぅーーん。
 
これって、「一時的にちょっと働けない状況」に備えるための保険じゃなくて、一生寝たきりレベルの、かなり重い状態に備えるための保険なんだな、という印象です。
 
だって障害が残る印象が強い脳梗塞だって、場合によっては治療やリハビリで日常生活ができるレベルまで回復したりすることもあるんですよ。
 
そして但し書きにね、
 
うつ病」などの精神障害が原因の場合や、「むちうち症」や「腰痛」などで医学的他覚所見がみられない場合は、お支払いの対象外です。
 
だそうです。うつ病で働けない人は多いけど、それは対象外だそう。
 
 
ここに該当しそうな働けない状態になる確率はけっこう、いやかなり低いと思われます。
  
こんな確率の低いリスクに個人で備える必要があるのか?
 
というと実はここも公的保険がしっかりカバーしてくれていて、働けない場合、傷害保険と障害年金があります。
 
就業不能保険、うーん、私はいらないかな。
 
 
ちなみに病気で働けない場合、障害年金というのものもあります。
これも公的年金でしっかり押さえられています。
 

がんになったらどうする?!

 
がんになったら、どうするのか?
がん保険に入っておくべきじゃないのか?
 
という問題もでてきます。
 
がんになると治療のため一時的に働けず収入が下がったり、進行していくと、死にます…。
 
しかしこれも高額療養費制度や傷病手当金障害年金、ガン末期になれば介護保険である程度カバーできるし、生活保護を受けるという手段もあります。
 
 
そして私の価値観として、長生きすることに価値をおいていないです。
いつか死ぬのはわかってるんだから、そのときはそのとき。いさぎよく諦めるという考えです。
 
なので将来のことを心配してあらゆるリスクに完璧に備える必要性をそもそも感じていません。(これまでの話は一体なんだったんだ)
 
貯金したり、病気しても働けるように努力はするけど、それでもだめなら、生活保護で仕方ないじゃん?というかんじです。
 
最終的には、医療保険に入るかどうかは個人の価値観によるってことです。
 
不安で不安で仕方ない。入っておけば安心するって言うなら入ればいいし、何とかなるんじゃないっていう楽観的な人は公的保険があるので入らなくても別によし。
 
 
保険について、勧められるがままに加入するのではなく、一度考えてみることは必要だと思います。
 
 
 
 
 
煽るような表紙とは裏腹に内容はしっかりしてる。