ジユログ

自由に生きたい看護師のブログ

露天風呂にテレビをおくのは邪道でしょ

 何年か前に、家の近くに天然温泉が見つかったとかで温泉ができたんです。
 
前はよく行ってたんだけど、最近はすっかり足が遠のいていました。
 
先日、ほんと久しぶりにその温泉に行ってみようかと思い立って行ってみたら、なんと駐車料金がかかるようになってました。前は無料だったのに。
 
まあまあ田舎なほうなのにせこいなと思いつつ、まあたまにしか来ないからいいかと思って入ったら
 
なんと
 
露天風呂にご丁寧にテレビが設置されてた!!
 
 
これは駐車料金以上にショック。
 
 
人は温泉に浸かりながらテレビを見たいって思うものなんでしょうか。
 
温泉につかりながらテレビ見れたら最高だよねって思ってたんだよー。ほんと、痒い所に手が届くサービスだよねーって、喜ぶものなんですか。
 
私は断然、温泉にテレビはいらない派。
 
 
でも最近スーパー銭湯の露天風呂にテレビがあるのって、多いですよね。
 
たぶん街中にあるスーパー銭湯は、有名な温泉地とは違って日頃の喧騒から離れて疲れを癒す場所ではなく、日常で利用することが念頭に置かれてるからだと思います。
 
だってせっかく休日を利用して何時間もかけて山奥の温泉地まで出向いて、雄大な景色をみながら露天風呂を楽しもうと思ったのにそこにテレビがあったら、雰囲気ぶち壊しですよね。
 
さすがにテレビ好きな人でも、ないわって思うだろうし、温泉地ならそんな野暮なことはしないと思います。
 
まあそういう違いがあるので、ここは温泉とはいえスーパー銭湯の部類だから仕方ないと思いはするんだけど、それにしてもテレビって、やっぱりポピュラーなんだなということは意外に思います。
 
 
私にとってテレビって、もうオワコン的な位置づけだったんです。
 
ネットと違って好きなときに好きなものを見ることができないし、CMが入り込んでくるのも鬱陶しいです。
 
録画したらいいんだけど、事前に録画予約しておかないといけないのはやっぱりネットの便利さには劣ります。
 
芸能人の結婚とか不倫とかどうでもいいこと、一度話題になったネタを、これでもかというくらいどの番組でも繰り返すのにもうんざりだし、人をバカにして笑いをとるお笑い番組も何がおもしろいのかよくわからなくなってきました。
 
芸能ネタに全く興味がない私には、テレビはただ内輪ネタで盛り上がっている不便なコンテンツという存在です。
 
 
それなのに…
 
 
露天風呂に、テレビ!
 
 
もう有難迷惑でしかないですよね。
日本全国民が喜んでテレビを見る時代は終わったんですよ。温泉に入りながらテレビを強制的に見させられるなんて、多様性の侵害。完全に邪道ですよ、もう!
 
温泉に入るときくらい、雑音から離れて温泉に集中したらどうなのか。自分の内側に目を向けてはどうなのか。
 
なんか昔のがんこ親父みたいな言い分だけど、この温泉、もう二度と来ることはないなぁ。残念。
 
でも世の中にはたぶん、温泉に浸かりながらテレビみれてやったー最高!っていう人のほうが多数派で、この温泉はそういう人の支持を得て私のようなテレビ嫌いな客を逃したところで痛くも痒くもないんでしょう。
 
あー残念。
 
家の近くに温泉地みたいに雰囲気のいい温泉があったらいいのになー