自由に生きたい看護師のブログ

会社員から転職してきた看護師が思うコト

持っていて役立つ!看護学生におすすめの本

勉強のために本を買いたいけどどんな本を買うべきかわからない看護学生に、普段の勉強に、実習に、持っていて役立つ本をご紹介します。
  
 

わかりやすくておすすめ!授業でも実習でも役立つプチナースの「症状別 看護過程」

 
 
 
 
看護学生の御用達雑誌「プチナース」から出ている本です。
 
呼吸困難や発熱、嚥下困難などの症状別に、関連図や看護計画が載っています。
 
実習でも患者さんの症状に対してどんな看護ができるかな、と考えて看護計画をたてることは多いです。
 
私は実習のとき、この本を参考にして看護計画を書いてました。ものすごく役立って持っていてよかった!役立った!と思える一冊です。
 
しかも症状別看護は実習の色々な領域で使えるし、看護師になってからも時々参考にしてました。
 
実習に向けて何か本を探しているなら、まずはおすすめの一冊です。
 
 
 

関連図が好きな人には「症状別看護ケア関連図」もおすすめ

 
 
 
こちらも症状別の看護ケアの本です。
 
さきほどのプチナースと同じようなかんじですが、関連図が詳しく知りたい!という人にはこちらもおすすめ。
 
これも看護師になってからも使える1冊です。
 
ただ内容的にはプチナースの症状別とかぶっているので、どちらか一冊でいいと思います。
 
看護学生ならやはりプチナースが詳しくて便利かな、というかんじです。
 
 
 

看護学生になったらまず一冊は持っておきたい看護技術の本。おすすめは「看護がみえる vol.1」

 
 
看護学生なら1冊は看護技術の本を持っておきたいです。
 
実技の授業から実習まで、持っていると何かと役に立ちます。たくさんある看護技術の本の中でもおすすめは「看護がみえる」です。
 
ここまで詳細に看護技術のポイントが書かれている本は他にありません。
 
 
イラスト、写真が豊富でわかりやすさがピカイチ!
 
看護学校でよく問われる根拠、注意点が細かく丁寧に書かれているところがグッド!
 
イラストがかわいいだけでなく内容もかなりいいです。わりと最近出版されたのですが、こんな看護技術の本欲しかった~!という、看護学生が求めてるポイントをついてるかんじです。
 
 
 
vol.2のほうは採血や輸液、輸血など看護師になってからでないと必要ないものが多いですが、排泄ケアは看護実習でもよく使います。
 
 
 

薬のことが知りたいならこれ!「病棟でよく使われるくすり」

 
 
ネットや分厚い治療薬の本で薬のことを調べても、だからなんなの?とイマイチわからないんですよね。
 
この本はわかりにくい薬を看護師向けに解説してくれます。

なんでこの人はワーファリンを飲んでいるの?NSAIDsってだから何なの?という疑問や、看護への活かし方がわかる本です。
 
これは看護学生だけでなく、看護師にもおすすめ。私もこれを読んで、あぁそういうことだったのかと今になって理解できたことが多くありました。

 
以上です!では!