ジユログ

自由に生きたい看護師のブログ

社会人から看護師になるには

社会人から看護師になるには 
 
 
この2つの方法があります。
 
 
大学、短期大学
 

大学

 
大学では看護師、保健師の受験資格を取得できます。所定の科目を専攻すれば助産師資格もとれます。
 
たまに学校を卒業したら資格を自動的にもらえると思っている人もいますが、国家試験に合格しないと資格は取れないので注意です。
 
 

国公立と私立大学

 
国公立大学だと学費は安いですが、難易度が高く合格が難しいです。
私立大学だと学費が高く、年間150万~200万ほどかかります。学費が高い大学ほど入学するのは易しい傾向があります。
 
 

短期大学

 
短期大学は3年制で、とれる資格は看護師です。
看護の短期大学は全国に20校ほどであまり多くはないです。費用は3年間で約300万程度のところが多いよう。
 
 
 
看護専門学校
 
 
専門学校は3年制と2年制があります。3年制では看護師、2年制は准看護師資格がとれます。
 
費用は3年間で150万~300万程度。社会人入試を設けているところもあって社会人が入学しやすいです。社会人から看護師になる人はほとんどが専門学校に行きます。
 
3年制は全日制なのでアルバイトくらいしかできませんが、2年制だと正社員で働きながら学校に通う人もいます。そのかわりかなりハードな生活になりますが。
 
 

社会人から看護師になるための流れ

 

まずは大学か専門か決めよう

 
看護師になるためにはこれらの学校に通わないといけません。
 
社会人の人にとってはまず学校に合格することが、看護師になるための最初のステップになります。
 
まずは大学に進むのか専門学校に進むのか決めて、それから受験対策をしていきます。
 
 

情報収集をして行きたい学校を決めていこう

 
大学か専門学校か決めたら、情報収集をしてどの学校なら通えそうか具体的に決めていきます。
 
情報収集のポイントになるのは
 
通える範囲にどんな学校があるか
学費
入試科目
通いやすさ
社会人経験者がいるか
 
これらです。
 
まず通える範囲のところにどんな学校があるか調べて、その学校の学費はどうか、通いやすさはどうかと具体的にみていきます。
 
学費は学校によって違います。インターネットでも調べることができます。
 
社会人にとって受験勉強はネックです。受験勉強の負担が少なくて済むように面接だけのところを選ぶなど、入試科目で学校を選ぶのもありです。
 
場所は一見近くても実は駅から遠くて通いにくいこともあります。毎日通うところなので、通いやすさもチェックしたほうがいいですね。
 
 
また社会人から看護師になりたい人は、その学校に社会人がいるのかどうかも重要なポイントです。
 
もしも社会人の学生が一人もいないようであれば、その学校は社会人をとっていない学校なので受験しても合格する可能性はものすごく低いですよね。
 
逆に社会人を多くとっている学校であれば、社会人にも間口が広げられていて入りやすいということです。それに社会人が多いほうが、入学してからも過ごしすいです。
 
 

学校のオープンキャンパスがあれば参加してみよう

 
オープンキャンパスに参加すると
 
学校の雰囲気を知ることができる
入試の面接で志望理由に使える
 
というメリットがあります。
 
 
学校の雰囲気を実際に感じてみることは大事です。
 
学費や通いやすさがよくても、学生や学校の雰囲気が自分には合わなさそうだなということもあります。
 
また面接ではなんでこの学校に入りたいのかという質問は必ず聞かれるけども、答えるのが難しいです。そこでオープンキャンパスに参加していたら、学校や学生が気に入ったなど理由を作ることができます。
 
オープンキャンパスに参加することで看護師になりたい本気度を伝えることもできます。参加しないと不合格になるわけではないですが、行っておくと役立ちます。
 
 

受験対策

 
さて受験する学校に目星をつけたら、学校別に受験対策ができます。
 
できれば過去問題を手に入れるほうがいいです。
 
学校によっては過去問題を販売していることもあります。もし販売していたら、迷わず購入です!どんな問題が出るのかわかれば対策がしやすいです。
 
看護学校の入試科目は学校によって違いますが、国語、英語、数学、小論文など。
 
しかし最近は、人手不足解消のために社会人からも看護師になりやすいように、社会人の受験負担を減らそうと国が働きかけています。
 
そんなこともあってか、看護学校は入試科目を減らすなど、負担は少なくなってきているようです。
 
ちなみに筆記試験があったとしても専門学校の入試はそんなに難しい問題はでません。本当に基本的な問題です。高校の参考書や問題集でさらっと復習する程度で大丈夫です。
 
 

看護学校受験の予備校に通うのもあり

 
私が看護学校に入ったときは、社会人で入ってきた人の半分くらいは予備校に通っていました。意外と多いので驚きでした。
 
予備校に通うと、
 
学校の情報、過去問の情報をもらえる
筆記試験対策をしてくれる
面接でどんな質問をされるか、その答え方などの面接対策
応募書類のアドバイスをしてもらえる
などのメリットがあります。
 
看護学校受験で有名なのは東京アカデミーです。
 
看護師国家試験対策でも有名です。
 
不安な人は予備校に通うのもありですね(^^)