ジユログ

自由に生きたい看護師のブログ

看護の大学、専門学校の学費はどれくらい?

社会人から看護師になるとき一番気になるのはやはり、学費はどれくらいかかるのか?ということです。

 

ざっと調べてみたところ、大体このようなかんじです。

 

  入学金 年間授業料 施設費
国立大学 30万  55万
私立大学 30万~50万 100万~200万 20万~50万
専門学校 1万~30万 15万~60万 10万~20万

 

大学でも国立か私立かによって大きく違います。専門学校が一番安いです。

 

さらにこれらとは別に必要な費用があります。

  • 教科書代 10万~20万円
  • 実習着・白衣・ナースシューズ代 数万円
  • 実習費 10万~20万円

 

専門学校であればクラス行事や卒業式の積立金としてクラス費が徴収されることもあります。

 

これらの学校の諸経費に加えて交通費、1人暮らしするなら家賃や生活費も必要になるので、思っている以上にお金はかかります。 

学費は学校によって違うので、気になる学校があればホームページ確認してみて下さい。

 

 これも参考になります。

www.nurseschool.info

 

学費が一番安いのは地方自治体の専門学校

 専門学校のなかでも一番学費が安いのは、地方自治体が運営する学校です。入学金や諸経費を含めても3年間で100万程度です。ただ地方自治体立の学校は数が少ないし、場所が辺ぴなところにあって通いにくかったりします。 

 

トヨタなどの大企業が持っている看護学校もあり、企業系の学校も比較的安いです。学費が安いと応募者も多いのでかなり難関になりますが。

 

学費が高めなのは学校法人の看護学校。私立大学並みの学費をとる学校もあります。

 

 

ちなみに病院付属の看護学校は、付属の病院で働く看護師人員を確保するために作られてます。そのため卒業後は何か理由がない限り、付属の病院で働くことになるという特徴があります。

 

就職活動で苦労した人は、就職先まで決まってるなんてラッキー♪と思ってしまいがち。

 

が!それは甘い!

 

わざわざ看護学校を作ってまで看護師を確保するのにはそれなりの理由があります。

 

自分達で人材を育てないと自分の病院で働いてくれる人を確保できないほど、仕事がキツイ!!のです!

 

まあ経験したことない人には仕事のきつさはイメージしづらいと思うし、これから看護師になる人をあまりビビらせてはいけないのでこれくらいにしておきましょう。

 

 

大学・専門学校 どちらがいいのか?

 

大学か専門学校か、学費以外にも何か違いはあるのか考えてみましょう。

 

大学のメリット
  • 看護師、保健師、助産師、養護教諭など取得できる資格が多い
  • 学生生活が自由で実習も比較的楽
  • 就職時、専門卒よりも給料が少し高い
  • 国公立は学費が安い

 

デメリット
  • 国公立は入試科目が多く受験の難易度が高い
  • 私立は受験の難易度は易しいけど、学費が高額
  • 資格取得までに4年かかる

 

 

専門学校のメリット 
  • 学費が安い
  • 通学期間が3年と短い

 

デメリット
  • とれる資格は看護師のみ。保健師や助産師の資格を取りたい人は、卒後に助産学校に進学しないといけない
  • 校風が大学のように自由ではなく、実習も厳しいことが多い
  • 就職時、大卒よりも給料が低いことがある

 

 

 

専門と大学、どっちがいいかは人それぞれだけど、私なら迷わず専門学校です。というか専門学校にいきました。

 

大学は普通に学費が高すぎて無理です。いい歳をして収入ゼロになった上にさらに奨学金で何百万と借金をつくる。これってかなりリスキーです。

 

国公立に行けたら学費は安いけど、今度は学力の問題があるしね。現役高校生が勉強に命を捧げてやっと合格できるような受験の闘いに、とてもじゃないけど勝てる気はしません。

 

そして社会人には資格取得までに4年もかかるのは、あまりにも長いです。

  

まわり友人がみんな働いてる中、自分だけ社会人から学生に戻るってなんだか足止めされてるような気がして、ものすごく焦りを感じるんですよね。

 

 

 

というわけで、お金・時間という現実的な問題のため、社会人なら専門でちゃっちゃと資格取得して働いたほうがいいんじゃないかと思います。

 

実際、社会人から看護師になる人はほとんど専門学校に進みます。大学にいく人は極めて稀。

 

 

専門卒でも、キャリアや給料の面ではとくに問題ない

 

専門で看護師資格をとった場合、キャリアの将来性と給料の点で大卒より不利になるんじゃないかと気になる人がいると思います。

 

これについては学歴はあまり関係ないと思います。専門卒でも師長に出世していくことはできるし、認定看護師など上位の資格を取得することもできます。

 

 

給料の面では、大卒だと就職時に基本給が1万円あがる程度です。私としては1万円程度なら、給料の点で大卒にこだわる必要はないかなと思います。それに小さな病院や施設、クリニックでは大卒と専門卒で給料に違いがないところもあります。

 

給料の良さを求めるなら、大学にいくよりも給料の高い就職先を選ぶことのほうが大事だと思います。

 

 

専門実践教育給付金や奨学金を上手に利用する

 

まず社会人で就業経験があるなら、雇用保険の専門実践教育給付金を利用するのが一番です。

 

 これ

www.bibitaso.com

 

これで足りない、利用できない人は奨学金ですね。奨学金は就職後に返済しないといけないので、あまり高額に借りると返済が大変です。

 

学校によっては指定の病院で数年働けば返済免除になる奨学金を設けているところもあります。しかし、指定の病院に就職しなかった場合はその時点で一括返済しないといけないなど注意点もあります。

 

仕事を辞めたいのに、奨学金を返さないといけないので辞められないと悩む人も少なくありません。

 

それを考えると一番安全なのは、学生支援機構の奨学金です。働いてなくて返済が難しいときは申請すると返済しなくてすむので、自分のペースで返していくことができます。

 

www.bibitaso.com

 

そんなかんじです。では!