ジユログ

自由に生きたい看護師のブログ

【辞められない看護師】3年は働け!まわりに迷惑だからダメに反論してみる

3年は働く

 

世間ではよく、最初に就職した会社で最低3年は働き続けるべきと言われます。看護師はそんなの関係ないと思っていたのですが、どうやら看護師もそういう価値観は例外ではないようです。

 

 

看護師は勇気を振り絞って辞めたいと師長に言うと、

責任感がない

まわりのひとに迷惑になる。そういうことは考えないの?

すぐに辞めると逃げ癖がつく

嫌なことがあったらこれからもすぐに逃げちゃうの?

頑張れない人になるよ

なんて本人の人間性や責任感の問題として責められることが多いです。

 

人手不足で辞められたら困るという師長の都合を相手に押し付けてるだけなので、まっったく気にすることないんだけど、素直で真面目な看護師さんはこれを真に受けて気にしてしまい、1年もたず辞めてしまったことに情けなさや引け目を感じてしまうことがあると聞きまして。

 

看護師さん、ちょっと真面目すぎん?泣けてくるわ。

 

なんかもうほんと、病院組織に洗脳されて食い物にされてしまってる感がある。いつも患者さんのために尽くしてる看護師だけど、もっと自分のことも大事にしてほしい…!!

 

人手不足で辞められたら困るのは病院側の都合。そっち側の都合のために、人格否定して病院に縛り付けようとする師長達の罪は重い!

 

そして働いてる方も、3年は続けるべきと信じている人が思っている以上に多い!!

 

この3年神話と師長の呪いから解き放たれて自由に考えられるようになるために、よく言われるこれらのモンダイに反論してみようと思います。

 

 

最初に就職した職場で3年は続けるって考えは古い

 

観察しているとこういうことを言う人は、同じ病院で働き続けるのをよしとする昔ながらの価値観を持っていて、さらに自分自身も忠実にそれを実践していて転職経験がない人が多いです。

 

やはり人は自分のしてきたことを肯定したい気持ちがあるのでしょう。私はどんなに辛くても辞めずに頑張ってきた。今の私があるのはそのおかげ、と。

 

たしかにひとつの職場で一途に働き続けたのはすごいことです。

 

がしかし!実際のところ3年同じ病院で働き続けてなくても何も問題ないです。一回や二回転職したところで別にどうってことはありません。

 

心身に不調をきたすくらい辛いなら、古くて無用な価値観に縛られずに早く辞めるのが真っ当な考えです。

 

一度就職した会社で一生働く働き方の時代はとっくに終わりました。もはや転職は普通のこと。これからは組織に頼らず自分に付加価値をつけて、個人で生きていく時代です。古い価値観に縛られて同じ場所に留まって安心してると、どんどん社会から置いてかれますよ!

 

 

「辞めるのは責任感がない」

 

やっと憧れの看護師になれてやる気と希望に満ち溢れて入職したのに辞めたくなるのは、それだけこの職場の労働環境がひどいってこと。そんなこともわからないのか!

 

責任感がないから退職するんじゃなくて、この職場が嫌だから辞めたいんです。あるいはもっと他に自分らしく働ける場所があるんじゃないかと期待するから、辞めたいんです!

 

そして責任感の強い人が退職することだってあります。退職することと責任感の有無に因果関係はありませんね。

 

ていうか弱い立場の新人や若手が辞めるときだけ責任感がないとか言って攻撃してくるの辞めてほしいよね。強い立場の人には言えないくせにね。

 

 

ついでに言うと働くことは、労働力を提供するかわりに賃金をもらう労働契約です。期間の定めのない正職員の場合、2週間前に退職を申し出たら労働者はいつでも退職できると民法で定められています。いつでも辞められることになってるんだから、責任感云々は勝手な言い分です。

 

 

「あなたが辞めたらまわりに迷惑がかかる」

 

怒る人

前々から退職するのがわかってるなら人員を補充したらいいし、業務内容を改善して労働の負担を減らすとか工夫することだってできます。スタッフがある日突然来なくなるのも看護師業界ではよくあること(すごいな)。

 

スタッフが辞めた時にまわりが困らないように対応するのは師長、あなたの仕事です!

 

ていうか一人辞めたくらいで仕事がまわらなくなる職場ってやばい。

 

 

「ここで無理ならどこにいっても通用しない」

 

そんなことは絶対にないです。人には向き不向きがあります。環境を変えたらうまくいくことだってあります。ここでやっていけないなら他の職場にいってもどうせ続かないよ~なんて、自分の職場を一般化しすぎです。

 

 私は夜勤が無理すぎて病棟を離れましたが、夜勤のない職場をみつけて普通に仕事できてます。前の職場より圧倒的に働きやすいし仕事に行くのも苦痛でなくなりましたよ。

 

それに私は今まで飲食店のバイト、会社の事務職、派遣で働いていろいろな職場を見てきましたが、病院は他の業種よりも労働環境、人間関係が異常なほど悪いです。

 

これくらいの辛さで辞めるような弱い人は他に行ってもどうせ無理、と思うのは大間違い。看護師の厳しさに耐えられない人が一定数いるのは当たり前。

 

むしろ適応してる人のほうがすごいと思う。

 

 

「今辞めたら嫌なことがあったらすぐに逃げる人になっちゃう」

 

はぁそうですか。っていうかそんなの余計なお世話。そんなこと心配されるイワレはありません。だから何なんだ!えぇいもう黙れ!

 

死にたくなるほど辛いなら逃げることも必要

 

急性期のような厳しい環境で頑張って働いて、立派な看護師になっていく人はすごいと思います。でもやっぱりみんながみんな、そこで頑張れるかというとそうではないんです。人によってストレス耐性は違って、みんなが耐えられることでも自分には無理ってこともあります。

 

自分には無理だと思ったら、さっさと見切りをつけて違う道に進むことができる人は、賢いと思います。

 

 

逃げることは悪いことではない!

 

そもそも辛いことから逃げるのは悪いっていうのは、数ある価値観のうちの一つに過ぎないかもしれないです。忍耐力は社会人の基礎的な素質、みたいに思われてるけど、それは世界共通万人に通用する価値観ではなく、忍耐に価値を置かない人だっています。

 

外国人はみんな、過労死するほど働く日本人のことをなんで辞めないの?耐えてるの?って不思議に思ってるよ。

 

仕事は辛くて耐えるものっていう考え自体、思い込みじゃない?

 YouTuberやブロガーやインスタグラマーみたいに、楽しいことや好きなことを仕事にするのだってありなんですよ。

 

辛いことから逃げる人になってしまう。私はあなたにそんな人になってほしくない、という師長の親切心(?)はただの価値観の押し付けであり、お節介です。

 

逃げと捉えるんじゃなくて、辛さを軽減する方法を考えて対処する能力として評価されてもいいよね。
 

耐えること自体に価値や意味はない

 

3年は同じ職場で頑張らないと!って言うとき、耐えること自体が目的になってないですか?

 

何か目標があって、それを成し遂げるために一時辛さに耐えるのではなく、単に耐えることが目的になってるなら、それに意味はないと思いますよ。

 

 

病棟3年の経験はたしかに役に立つ。でも働き続けなくてもいい

企業や保育園など病棟以外では病棟経験2年以上という条件がつくことが多いです。転職するとき、病棟経験が豊富だと幅は広がります。

 

しかし同じ病院で働き続けなくてもいい。どうしても職場環境が合わないなら転職して違う環境に変わってもいいんです。

  

耐えるよりも自分に合う職場を見つけで頑張るほうがいい

 辞めたら次が見つかるかわからない…と悩む人は多いけど、看護師は人手不足のため思ってるより次の仕事は簡単に見つかります。ただ、希望する職場が見つかるかどうかはわかりません。そこは注意が必要です。

 

転職するならこちらの記事もどうぞ

看護師転職におすすめのエージェント - ジユログ

 

 

以上、3年は~という神話と師長からの攻撃に負けないために反論してみました!

 

では皆さんよい看護師ライフを!