ジユログ

思いついたことをつらつら書いているブログです

微熱で休むのってどのへんからオーケーなんだろう

スマホを開くと「元大阪府知事の橋下徹氏が37.3度の微熱、仕事を休んで自宅静養することに」とかいうニュースが流れてきてふと思ったんだけど、37.3度で仕事を休むのは世間一般的にオーケーなの?

 


ヤフーニュースのコメントを見る限りはどうやら称賛の声が圧倒的多数の模様。


でもそれって、コロナが流行ってる今の状況だからだよね、たぶん。



それとも普段からこれくらいの微熱で休むのは、世間一般的にオーケーラインなんでしょうか?

 


 


普段の平熱や持っている体力は人それぞれ違うので、どの程度の熱で休むか、基準は人それぞれ。

 

 

人によっては「風邪ひいた~しんどい~」なんて言いながらいつもと変わらず仕事して、3日くらいたったら元気になってたりします。

 

前に、38℃台の高熱が出てるのに普段と変わらない様子でけろっとしてる人を見たときは、心の底から驚いたなぁ。

 

 

が、私自身はこれまでの経験上、一度風邪をひくと、仕事しながら風邪を治すという芸当ができない。なのでちょっとの風邪でもひき始めのときにとりあえず1日休みます。


早めに1日休んで、こじらせないようにします。

 

37度台前半でも休みます。

36.9度とかでも、これから熱が出そうだったりしんどいと思ったら、無理せず休みます。

 

持病があるので風邪をこじらせると入院治療が必要になったりと、ややこしくなる時があるというのも理由にあります。

 

 

が、この程度の熱とも言えない熱で休むのはあまり一般的ではない。

 

こんな程度で休んでいるともし職場の人に知られたら、非難されるのは間違いない。

 

想像するだけで恐ろしい・・・

 

「持病があるから」と理由を言っても言い訳にしかならないし、嫌味を言われるのは目に見えてる。

 

なので休むときは職場には「どれくらい熱があるのか」のところはちょっとサバを読み、高めに言うようにしてます。

 


 

でも橋本徹さん。

37.3度ってよくよく考えるとすんごい微妙ですよね。

 

たしかに今、テレビでは世界中でコロナ、コロナ、コロナ、コロナ一色です。


さっきテレビでチラッとやってたけど、イギリスでは外出禁止令が出て街に人がいない。あのロンドンのシンボル、赤い二階建てバスも乗客はゼロ。外出は1人1日一回、野外運動と買い出しのみ許可されてる状況だそう。


もう危機感がすごい。

熱があるなら休め!という空気がある。テレビでは。




でも自分の身の回りでみると、正直そこまでコロナでピリピリしてるかんじはないです。



たぶん橋下徹さんはコロナの状況と、自分の立場も考慮しての休むことを選択、公表したんだろうけど、これが普段だったら休むんだろうか?

 

 

橋下徹さんは影響力もある。人の集まるところで仕事するだろうし、知らぬ間にかかってる可能性はある。


 

じゃ、職場やせいぜい自宅周辺しか出歩かない人が、微熱で

 

「コロナかも!みんなにうつしたらヤバイ!!!」

 

って大事をとって休むのはオーケーなんですかね?

 



自分の職場の人が、

「ちょっと微熱でもしかしたらコロナかもだし、しばらく休みます」

って言って症状が治るまで、あるいは2週間とか休んでもみんな何とも思わないの?

快く、休んだほうがいいよって言うの?

 

たぶんコロナ陽性の人と接触していたとか、そういう事情がない限りは「は?何言ってんの?ふざけてんの?」って言われる気がする。

 

私の職場だけ?

どうなんでしょう。

 


いくらコロナって言っても、仕事となるとそう簡単には休めない。まわりからの圧力は相当なもの。


 まわりからどう思われるかよりも、自分で休む基準を作っておくほうがいいよな~とは思うけども。